DXの時代に学び続ける人を
学習する組織を応援します

学び続ける人、学び続ける組織のために

創業以来、弊社は様々な教材開発や教育サービスを展開してまいりました。これからは、どんな人を育てれば良いのでしょうか。

それは、「学び続ける人」だと考えます。

学び続ける人は謙虚です。自分の経験や知識の限界を知っています。未知な領域があること、自分の理解が及ばないことへの想像力があります。だからこそ、未知への好奇心、飽くなき探究心を持ち続けられるのでしょう。

学び続ける人は自分ができることに敏感です。自分の強味を発揮できる場や機会を大切にします。そして、自分の限界を知るからこそ、他者の経験や知識も大切にします。常にオープンな姿勢で他者と信頼関係をつくりながら、共に成長することを望みます。

ですから、「学び続ける人≒人を育てられる人」だと考えます。

現代はVUCAの時代と呼ばれています。答えは曖昧で、絶対的な正解がない時代です。

GAFAをはじめとする超巨大IT企業の台頭で、世界の常識は塗り替えられました。
手にしたスマホの小さな画面越しに世界中の町並みを旅することができます。ワンクリックで翌日には注文した商品が自宅に届き、好きな曲を声で指定すればスピーカーから音楽が流れます。これから先、私たちの暮らしは加速度的に変化していくことは間違いありません。

先行き不透明な時代でありながら、はっきりしていることもあります。それは、私たちは“共に”学び続けなくてはならないということです。そしてそれは、一人ひとりの幸せの実現につながっていて欲しいと考えます。

企業が、人が学び育つ場になっているか、幸せに働いているか、は大きな課題です。

経営学者ピータードラッカーは、著書『ポスト資本主義社会』において「知識社会において生産性の向上を図るには、組織そのものが学ぶ組織、かつ教える組織とならなければならない」と説明しました。マサチューセッツ工科大学の経営学教授のピーター・センゲは『学習する組織』を著し、企業の組織力と競争力をあげるための組織論として学び続ける組織の重要性を説明しています。

弊社は、DXの時代、IT活用が社会にますます浸透する時代において、互いに成長を喜び共に学び続ける人材や組織づくりに貢献する様々な製品・サービスを展開してゆきたいと考えています。

IT活用の時代に、必要な基礎スキルを学ぶ

現代社会に必要なスキルを証明する国家試験
「PCオンデマンド講座」は学生生活に必要なパソコン活用スキルを効率的に学ぶ

VUCAの時代に、学び成長し続ける組織を開発する

自らを輝かす、チームを輝かす次の一歩を考える分析ツール「SCALE」&「STYLE」
自らを輝かせ、周りも輝かせよう。次の一歩を考える自己理解ツール「SCALE」
職場のメンバーのモチベーションを総合診断。チームビルディングの次の一手のための「STYLE」